道草

日々の出来事と芸能とその他

綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情

綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情

 4月20日発売の写真誌「FLASH」が、25日からスタートする阿部寛主演ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)の裏側を報じた。前作から続投する長澤まさみは、今回の出演にかなり気合が入っているという。

「21年版『ドラゴン桜』では、前作で生徒役だった長澤が弁護士役で出演することが発表されています。記事によれば、当初彼女はスーツ姿で登場する予定だったものの、長澤がスタイリストに『これじゃ、脚が見せられなくて、もったいない!』と直訴したことで衣装が変更されたのだとか。これを受け、現場では長澤のスカート丈がどんどん短くなっているそうなんです」(テレビ誌記者)

 長澤といえば、16年前に放送された前作でも、ボディラインのわかるTシャツや体操着姿などで登場し、多くの視聴者を楽しませていた。それだけに新作での衣装にも期待が高まるが、その背景にはある大物女優へのライバル心が関係している可能性があるという。

「『ドラゴン桜』は、もともと昨年7月に放送される予定でしたが、コロナの影響で延期となりました。なので後に控えていた綾瀬はるか主演の『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)も開始がズレると思われたのですが、当初の予定通り1月に放送され、『ドラゴン桜』は後回しに。この件について3月発売の『週刊現代』によると、業界では『TBSは長澤より綾瀬を取った』と囁かれているのだとか。また、長澤もここでヒットを出さなければ、ドラマ界にて第一線でいられなくなるとの不安を抱いているとも伝えています。そのため長澤は、同年代のライバルである綾瀬に負けないよう、自身の美脚などあらゆる武器を駆使して結果を出したいという気持ちがあるのかもしれません」(前出・テレビ誌記者)

「天国と地獄」では、綾瀬の着替えシーンやバスト揺れなどが大きな話題を集めた。長澤も綾瀬に負けないよう一肌脱ぐとなれば、視聴者も大歓迎するに違いない。

 

 

有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」

有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」

 お笑いタレントの今田耕司が、4月17日放送の「今田耕司のネタバレMTG」(読売テレビ)に出演。有吉弘行夏目三久との電撃婚について独自の見解を語った。

 2人については、2016年8月、日刊スポーツが“結婚・妊娠”を報じたものの、3カ月後には“お詫びと訂正”を掲載。その後、まったく交際報道がないまま結婚を発表し、世間をアッと 驚かせた。

 そんなビッグカップルについて、芸能リポーター長谷川まさ子氏は「どうやって付き合っていたのか、われわれも知らないですし、有吉さん、夏目さんの周りも知らなかった。とはいえ、マスコミが追いかけていなかったわけではなく、夏目さんが犬の散歩をしているところ、有吉さんがコンビニで一人飯を買っているところがやたら今まで週刊誌に出ていたのは、マスコミが定期的にパトロールしていたから」と説明。しかし2人での姿はいっさい見せなかったといい、「それぞれがコンビニやスーパーに買うのは1人分で、誰にもわからないまま愛を育んできた」と解説した。

 この言葉を受け今田は、「『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)っていう番組があるんやけど、あれで絶対ロケハンやってたと思うねん」としたうえで、「ロケやりながら『この商店街、人少ないな。イケるな』『この店のあそこ座ったらバレへんな』。それで『明日、○時に板橋のあの辺来て』とか。オレならそうする。ローカルなとこね。そんならマスコミの人も注目してない。ノーマーク」と、自身が考える2人の結婚の裏側を披露した。

 また有吉の人物像については「一緒に仕事したりすると、下の人がついてきたり、好かれる理由がわかる。気遣い感じる。こりゃモテるなという感じ」と褒めていた。

 どこまで本気かわからないが、おもしろい推理である。

 

 

NYタイムズは「死と病気をもたらす」五輪開催をめぐるメディアの"伝え方"

NYタイムズは「死と病気をもたらす」五輪開催をめぐるメディアの"伝え方"
NYタイムズは「死と病気をもたらす」五輪開催をめぐるメディアの"伝え方"

 7月23日の東京五輪パラリンピック開幕まで100日を切った4月14日、東京都内では24の施設や橋が一斉にライトアップされ……と、本来ならばオリンピック・ムードに染まるところだが、おそらくは誰も「100%開催できる」とは思ってないのだろう。だから、今年1月には「開催しないということのお考えを聞いてみたいくらいだ」と強気の発言をしていた二階俊博自民党幹事長までが、翌15日にTBSのCS番組で「これ以上とても無理ということだったらスパっとやめなければいけない」と本音を漏らして、慌てて火消しに回るといった体たらくだ。

 一般の国民の多くがそんな冷ややかな目でオリンピック開催を眺める中、これを伝えるメディアも様々な喧噪を繰り広げている。

 政治家の先生同様、「開催」を大前提とした“希望”で動いているのがNHKだ。NHKでは今年度の放送番組編成計画で、「コロナ禍の中での大会実現へ向けた様々な取り組みなどを関連番組で配信していきます」と既に宣言、予算は国会での承認が必要で首根っこを握られているだけに、軌道修正は不可能だ。

「だからNHKではオリンピックを盛り上げようと前のめりなっています。

コロナ下で是非が問われている聖火ランナーでも特設サイトを設けてその模様を伝えていますが、“報道統制”が行われていることが発覚して問題になっています」(週刊誌記者)

 その報道統制とは、4月1日に長野県で聖火リレーが行われた際に、一般男性の「オリンピックに反対」「オリンピックはいらないぞ」と叫ぶ声が入っていたのだが、この間30秒、NHKの特設サイトに上げられた動画からは音声が途切れていた。つまりは都合の悪いものに蓋をしていたのだ。

 他方、リベラルで反権力寄りの論調で知られる「東京新聞」では、3月26日に配信した「聖火リレー大音量、マスクなしでDJ……福島の住民が憤ったスポンサーの『復興五輪』」という記事を掲載、その空騒ぎぶりや飛沫飛び交う現場の動画もネットでアップしていたのだが、3日後に削除したことで騒ぎになった。

東京新聞が件の動画を削除したのは、IOCが求める『3日間ルール』に従ったからです。NHKのように放映権を持っているメディア以外は、聖火リレーの動画アップは72時間までとするという決まりになっています。

そこで東京新聞側も渋々このお達しに従ったわけですが、読者からは『権力に屈するのか!』とその弱腰の姿勢を非難する声が上がりました」(前出・記者)

 悪法も法なりということだが、それでも東京新聞はそれらを踏まえた上で削除した理由についての見解を述べた記事を配信。自らの報道姿勢において伝える努力を行うことに賛同の声が上がっている。

 いったん海外に目を向けると日本に向けられた視線はもっと厳しいことが分かる。「ニューヨーク・タイムズ」は12日付けの記事で開催の「再考」を促し、こう主張する。「日本とそれ以外の国々に死と病気をもたらす可能性がある」。これでは疫病神か死神扱いだ。イギリスのガーディアンも同じ日、「この約束は楽観的どころか、全くの間違いのように見える」と、同じく危険性を指摘している。

 二階幹事長が漏らしたホンネに、日本中は誰も「王様の耳はロバの耳」と言えなくなっている状況が伺える。

 

 

菅田将暉“だらしない身体”にファン幻滅?「色白のおじいちゃんみたい」

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

4月17日より、菅田将暉主演のドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)がスタート。菅田の〝サービスシーン〟に対して、視聴者からはツッコミが寄せられていた。

同作は、売れないお笑いトリオ『マクベス』の春斗(菅田)、瞬太(神木隆之介)、潤平(仲野太賀)と、そのトリオを密かに応援している里穂子(有村架純)、里穂子の妹・つむぎ(古川琴音)という5人の群像劇。誰もが指さす『大敗』のド渦中にいる男女5人が煌めく未来(?)に向かって進んでいく…。

第1話では、マクベスの3人と里穂子の出会いが描かれた。里穂子はバイト先のファミレスによく来るマクベスを応援するようになったが、マクベスは10年間売れなかったことで解散を決意。初めて里穂子が観に行ったマクベスのライブで、春斗は解散を発表するのだった。

菅田将暉のサービスシーンに幻滅?

この回では、トランクス1枚の半裸姿の春斗が登場。自宅で仲間たちとだらだらとご飯を食べるという、今をときめくイケメン俳優のサービスシーンなのだが、菅田の身体は真っ白で引き締まっている感じもない。視聴者からは

菅田将暉の上裸、 色白のおじいちゃんみたいで良い》
《意外とだらしないwww》
《身体薄っぺらすぎない…?》
菅田将暉って全く良い身体してないのに脱ぐよなぁー不思議》
《この身体でよくボクシングやってるとか言ったなwwww 運動部の中学生のほうがいい身体してんぞ》

などツッコミが殺到してしまった。

「2018年10月、菅田は役作りでトレーニングジムに通い、身体を大きくしようとしていたことを明かしています。しかしそれからすでに2年半も経過したため、今ではすっかり昔のような線の細い姿に戻ったのでしょう」(芸能記者

売れない芸人ということで、今回は貧相な身体をあえて作っているだけかもしれないが…。

 

 

東出昌大の映画主演に批判も…唐田えりかとの“復帰格差”クッキリ

俳優の東出昌大が、今秋公開予定の映画『草の響き』で主演を務めると発表され、ネットでは賛否の声があがっている。

同映画は、1990年に41歳で亡くなった小説家・佐藤泰志さんの同名小説の実写化。東出の映画主演は18年の『寝ても覚めても』以来、3年ぶりだ。東出はメディアの取材に、《心を病んだ男がそれでも毎日走る理由は、きっと『良くなりたい』からだと思います。羽毛のように柔らかい函館の西陽を受けながら、皆で作った映画です。楽しみに待っていてください》と、意気込みを語っている。

この報道に、ファンからは

《久しぶりの東出くんの主演映画楽しみです! この映画をキッカケにまたいろんな作品に出演してほしいです》
《またスクリーンで東出くんが見られるのがうれしい! 草の響き、原作読んでみようかな~》
《公開が楽しみです。頑張ってください!》

などと、エールが送られている。

東出昌大の“棒演技”にも厳しい声

しかし一方で、女優・唐田えりかとの3年にわたる不倫の影響はまだまだ払拭できていないようで、ネット上では

《演技力はお世辞にも上手いと言えないし、女にうつつを抜かす前に演技を勉強しなよ。そもそも主演の器じゃないでしょ》
《不倫してあれだけ世間を騒がせたのに、しれっと復帰か。それに、主演を張れる実力ではないのに、見る人いるの?》
《ゲス不倫で心底嫌いになった。正直、お金払ってまで見たいとは思いません》
《どういう経緯でこの人を使うことになったんだろう? 事務所がタダ同然でいいから使ってくれっていうのかな?》
《あれだけ大々的に騒がれた不倫。そして結果的に2人の女性を不幸にさせた。その当事者が映画の主演って、これが一般社会ならありえませんね》

などと、批判的な声が圧倒的だ。

「不倫騒動で、一時は表舞台から姿を消していた東出ですが、ここに来て活動を活発化させています。7月1日公開予定の映画『峠 最後のサムライ』、秋の『草の響き』に続き、来年は『コンフィデンスマンJP 英雄編』の公開も予定されています。一方、不倫相手の唐田えりかは、いまだ復帰の見通しさえ立っていません。昨年12月から趣味のカメラを生かして、雑誌『日本カメラ』で連載を開始しましたが、わずか4カ月で雑誌が休刊することになりました。いずれにしても、一度ついてしまった負のイメージは簡単には拭えないでしょう」(週刊誌記者)

まずは復帰への第一歩を踏み出した東出だが、その前途はまだまだ厳しそうだ。

 

参照元https://dailynewsonline.jp/

 

『ロンハー』有吉弘行に“後輩芸人”がNG通達「印象的」「普通に無理」

『ロンハー』有吉弘行に“後輩芸人”がNG通達「印象的」「普通に無理」

4月20日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、有吉弘行に対して後輩芸人がNGを通達したことが話題になっている。

芸人たちから聞き出した悩み事に、相方が答える企画を放送。お笑いトリオ『ハナコ』の岡部大は「今後が心配」と相談し、相方の菊田竜大が答えた。

菊田は「人生はなるようにしかならない」と回答。また、相方の岡部、秋山寛貴の技量を称えながらも「(自分は)ネタ合わせの場所にはいないから分からない」と、菊田自身は家庭の時間なども大事にしていると語った。

岡部、秋山の2人の仕事の多さを心配しているようで、「普通のこと言ってりゃいいよ、テレビは」と、面白いことばかり言い続けることを意識しなくてもいいと説いた。

家族の話に「それだけはやめて!」

ここで有吉が「菊田の奥さんみたいに、つまんない方がいいんだよね?」と冗談を飛ばすと、菊田は「ちょっと待ってください」と有吉を止める。「奥さんのことはやめてください」「僕の奥さんのことめちゃくちゃ『つまんない』っていうの、それだけはやめてください」とお願い。笑いながらも「それは傷つくんでやめてください」と続けた。

菊田はお笑いコンビ『ハルカラ』の和泉杏と2019年に結婚、1児をもうけている。視聴者は菊田が、有吉にきっぱりと宣言したことに感心していた。

《有吉さんの唯一の嫌なとこ 家族いじりがある 家族がどうとか奥さんがどうとかいじるのは普通に無理》
《奥さんツマンナイはNGwww》
《奥さんのこと悪く言われるのはNGな菊田好き》
《さっきのハナコ菊田の「奥さんは面白くない芸人という弄りはNG」とか数年前なら翻弄されるのが多かったけどその辺りをしっかり否定出来る芸人が出てるの印象的》

菊田の家族愛が垣間見えた瞬間だった。

 

 

 参照元https://dailynewsonline.jp/

 

志村けんさんに小声で感謝… 『千鳥』大悟の“一言”に感動「沁みるなあ」

画/彩賀ゆう
画/彩賀ゆう

4月20日放送の『火曜は全力!華大さんと千鳥くん』(フジテレビ系)で、『千鳥』の大悟が志村けんさんへの感謝の言葉を口にし、視聴者から大きな反響が寄せられている。

博多華丸・大吉』の2人と大悟、ゆりやんレトリィバァらが大喜利に挑戦。ボディビルダーや将棋好きの子どもらがジャッジし、笑わせた人数の多さを競った。

マナー講師5人が審査員となった最終ステージで、「往年のギャグをマナーよくアレンジしてください」とのお題が出た。それまで講師を1人も笑わせることができなかった大悟だが、あごをすぼめながら「アイーン」と志村さんのギャグをおしとやかにつぶやき、フリップには「愛印(アイーン)」と書いてみせた。

「助かりました師匠」とぼそり

すると、真顔を貫いていた講師たちは口元にやや笑みを浮かべ、2人は拍手をして大悟を称える。結局5人中4人が笑ったと判定された。

それまで大悟のギャグに険しい表情を浮かべていた講師が、態度を一転させたことを大悟は喜び、「ありがとうございます。心を入れ替えました。先ほどはすいませんでした」とコメント。フリップの文字を消しながらぼそりと「助かりました、師匠」とつぶやいたところで大喜利は終了した。

一言ではあったが、大悟が突然「師匠」に言及したことに視聴者はざわついた。

《大悟の「助かりました、師匠」と小声で志村けんに感謝したのが、なんか良かった》
志村けんとの関係をしっかりお笑いに使ってるの素晴らしいぜ大悟》
《志村さんギャグや話を頻繁に番組で出す大悟さん好き》
《大悟の志村けんギャグは沁みるなあ》
《志村師匠のギャグを…大悟ナイスッ》
《往年のギャグのお題で志村けんさんのアイーンは大悟さんの為に誰も使わなかったっていう勝手な推測》

不意打ちで感動した人が多かったようだ。