道草

回顧録と日々の出来事

英語との出会い (4)

カリフォルニアでのウォミングアップが終わり、ミッド ウェストの代表として、オハイオ州 マイアミキャウンティー トロイのNova Steal社の販売、生産管理、物流、請求管理のシステムの維持管理を担当しました。オハイオに行ってすぐに、隣人たちと出かけて、サイフを落としてしまい、警察署に行きました。日本と違って防弾ガラス越しに、マイクで警官がどうしたのか?聞いてきました。「サイフの色、形状、いつ、どこにでかけたかを聞かれ、何とか返答できました。お金はいくらも入っていなかったのですが、サイフは、プレゼントに貰ったものなので、見つかってほしかったんですが、出て来ませんでした。Nova社のコンピュータシステムは、データベースがオラクルで、サーバーはコンパックでソフトは、パワービルダーでした。まずデータベースについて、オラクル社に問い合わせました。わからないことばかりなので、ほぼ1ヶ月毎日電話をしました。1ヶ月くらいした時に、「Hi, Shin May I help you?」と笑いながら言われてしまいました。お蔭様で、オラクルデータベースの中核は、理解できました。Nova社の生産内容は、薄板(鉄板)をシャー(縦に切断)したり、スリット(横に切断)して複数枚の鉄板にして出荷する会社でした。生産管理システムは、バーコードをハンドヘルドで読み込んで、端末に貯めて、2時間毎にサーバー側にインターフェースする仕掛けでした。Windows 95の過渡期でマルチタスクで実行されるので、先行処理が終了したことを確認して、次の処理をしなければいけないのですが、従来のシングルタスクのイメージで連続して処理実行させてしまうので、サーバーに正しくインタフェースされないことがあり、夜中に何度か呼び出されて、対応したことを思い出します。

EDIは、普通の公衆回線なので、回線エラーが時々発生し、リカバリーが必要でした。

EDIのプロトコルをコンポート(製鉄関係のみ使用)から X12(全業種対応)に変更し、当社の維持管理は、終了しました。